イケザワキッチンは週休4日

高知に住んでるおばあさんの日記

料理を簡単に、食事をシンプルに。

最近になって料理をするのが大変になってきた。

食事をするにしても、変わった味付けよりかは

慣れ親しんだものの方がよくなってきた。

 

f:id:chizukoike:20190530120157j:plain




 

ふっと気が付いたんだよね、

これだけ世の中が変わっているのに

料理の仕方とか食事のありようは

ぜんぜん変わってないな、と

 

昔タライで洗濯板を使って、川へ行って洗濯していたし、

薪でご飯を炊いていたのがスイッチ一つで炊けるようになったのだから、

主菜に副菜もガスを使ってお鍋の火加減を見て、焦げないように

神経使うのがなくなればいいのに、

スイッチ一つで野菜炒めができるとか、

 

結局、面倒な人はコンビニ弁当でさっと済ますか、

自己努力を怠らない人は自宅で手作りの健康にいい?料理作り

 

なんか違うんだよな、と考えていたら

朝日新聞にとても同感する記事が載っていた。

 

料理研究家 土井善晴さんが言ってくれるから新聞にも乗るけど

おばあさんのわたしが、

毎日おんなじ献立でいい、あるもので食べればいい、

と言ったら隣近所、遠い親戚から、

手抜きだ、家族がかわいそう、自分だけ楽して、

と袋叩きにされるでしょう、そうだった。

 

 

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

 

 

「献立は毎日同じでいい、料理はできることをするシンプルなもの」

 

「お弁当作りもおにぎりだけでもいいじゃないですか、卵焼きと竹輪など

毎日同じものを頻繁に繰り返す、それでいいんです。」

 

「今あるものを食べる、今あるもので何とかする、無理をしてまで、

それ以上のことをする必要はありません。」

 

いい言葉だね、人生かくの如し、だよね。

生きてるうちは自分で作って食べたいので

調理の仕方とか食事の方法とか

もっと時代にあった便利で効率が良くて疲れない、

方法はないか検索中です。

 

 

www.chizukoike.com

www.chizukoike.com