イケザワキッチンは週休4日

高知に住んでるおばあさんの日記

「ソウル旅行」広蔵市場で生レバーとピンデトッとトッポキ

 

やっぱり、生レバー食べなきゃ日本へは帰れない。

というわけで二年ぶりに広蔵市場へひとりで行きました。

 

東大門にある広蔵市場は1905年にできた

食材から衣類、食器類など幅広く扱っていて、

ないものはないと言われている歴史を持つ市場ですが、

ここ最近は観光客に人気のテーマパーク化してきてますね、

おみやげ物屋とかおかず屋さんとか、

特にすぐに食べられる屋台みたいな所が人気があるようです。

  

生レバーと生センマイ 13000w

f:id:chizukoike:20190302131144j:plain

 

久しぶりの広蔵市場は凄い人だかりでした。

その中でも特に長蛇の列をなしていたのは

生レバーの超有名店、とても無理っぽい

同じ通りには生レバー専門店が並んでいたので

行列がそれほどでもないお店で並んでいたら

同年代のアジュマがひとりで並んでいたので

「二人連れということにしませんか?」と声をかけて

知らないアジュマと同席させてもらいました。

 

ユッケ 15000w

f:id:chizukoike:20190302131133j:image

 

アジュマが頼んだのはユッケ

あんかけが頼んだのは生レバーと生センマイの盛り合わせ

ユッケには梨がたくさんしかれていて生卵に絡めていただくようです

生でレバーとセンマイはごま油と塩で、口直しのニンニクと青唐辛子、

牛肉だしのスープ付きでした。

 

日本では食べられないので、体調が悪くてもいただいておく

量も多くて安定の美味しさ、有名店でなくてもいっしょだと思うのだけど

 


f:id:chizukoike:20190302131144j:image

 

あんかけは昼からビールをいただく

中年のカップルとかいるんだけど

夫婦で昼間からユッケ食べにくるのかしら

同席させてもらったアジュマは

「体調がすぐれないからひとりで食べにきた」

と言っていって、体調がすぐれないからユッケか〜と驚いた。

 

広蔵市場のピンデトオッが美味しいから買って帰るというので

いっしょにピンデットッ屋さんにお行くことにした。

 


f:id:chizukoike:20190302131126j:image

 

ピンデットッとトッポキ
f:id:chizukoike:20190302131155j:image

 広蔵市場の真ん中あたりにある

いつも人だかりのしているピンデットッ屋さん

席が空くのを待つことにした

やっぱりアツアツが美味しいから

 

ピンデットッとは緑豆チヂミのことで

お店の横の大きな石臼で豆を挽いて

もやしなどの野菜を入れてたっぷりの油で焼くもので

普通のチヂミよりパリパリ、モフモフ、フアフアしてる

こおばしい、豆の味がする、アツアツがおいしい。

 

ピンデッ 4000w

f:id:chizukoike:20190302131151j:plain

 

 

 

トッポキ 3000w
f:id:chizukoike:20190302131118j:image

 

広蔵市場への行き方は

地下鉄1号線鍾路5街で降りて8番出口を出ると目の前にあります。

バスよりタクシーより地下鉄が便利です、

その時には何番出口を出ればいいのか調べておくと必ず目的地に到着できます。

 

ソウル旅行は安くて近くて美味しく楽しめるので好きです。

今度は年末かな、もっと行きたいけど、

気になるのは政治情勢よりスモッグですね、

春先は空気の色がちょっとです。

 

でもでも大好きなソウル旅行です。

 

 

www.chizukoike.com

www.chizukoike.com

 

 

www.chizukoike.com