いつも、何かをさがしてた。

高知に住んでるおばあさんの日記

枝川 免許センター前の「お好み焼き」さんへ行って食べた

11時過ぎに車を走らせていたら、知り合いに呼び止められた。

「おごっちゃうき、お好み焼き食べにいこ」

ととつぜんに誘われた。

「免許センターの前、橋のとこにある、あそこへいかんきね」

「えるぴお、って喫茶の向かえかえ?」

「そうそう、おごっちゃうき、いこうぜよ」

「うん、じゃ車おいて行くき、先いっちょって」

 

f:id:chizukoike:20181128090126j:image

イヌの散歩で毎日ぐらい通ているけど、入ったことはまだ一度もなかった。

 

自動車免許センターも最近では免許書を取る人が少なくなっているらしい。

あんかけが自動車免許を取ったときには大変な混雑だった記憶がある。

大から小へ流れているような、複雑から簡単へ向かっているような。

 

f:id:chizukoike:20181128090159j:image

ニュードライバー学院の前の枝川公園を歩いて

テニスコートを過ぎて、枝川橋までたどりついたら

 

ガラス戸の向こうから

「こっち、こっち」と呼ばれたけど、

なんか違うと思って、まわったら、あった。

 

ぜったいこっちが入り口だわ。

f:id:chizukoike:20181128090218j:image

 

「こんにちは、おじゃまします」といって初訪問。

 

いきなりメニュー表が目に入った。

お好み焼きとやきそば各種

 

先に来ていたTさんが

「お好み焼きと焼きそば大盛たのんじゅうきね」

 

 

f:id:chizukoike:20181128090259j:image

「ありがとう、どこに座ったらいい?」と聞いたら

どこでもいい、といわれ (他のお客さんはいなかった)

 

どこでもいいと言われるのが一番困るよね、と思いながら

 

f:id:chizukoike:20181128090326j:image

店主が焼いてくれている鉄板テーブルに座った。

 

「焼いてくれるんだ!ありがたい。」

お好み焼きというと、自分で焼くことが多いので、

焼いてくれるというのは本当にありがたいと思った。 

 

美味しく出来そうな予感で期待に胸がふるえる。

 

f:id:chizukoike:20181128090346j:image

 

おいしく食べれそうな予感でお腹がなる。

大盛のお好み焼きと焼きそばが、いままさに完成せんとする。

 

 

f:id:chizukoike:20181128090407j:image

TさんとTさんのお孫さんとあんかけと

3人で分け合って食べました。

最後にはおまけのりんごのデザートまでいただいて、

 

Tさんにおごってもらったお好み焼きと焼きそばは

大変においしかったです。ごちそうさまでした。 

 

営業時間は朝早くから4時ごろまでだとか、

お店の名前は、と聞いたら「ない」といわれて

目をしろくろさせたら

「お好み焼き」が名前だ、と言われた。

 

枝川でたった一軒の昼飲みできるお店をみつけた気分です。

 

f:id:chizukoike:20181128090427j:image

 

宇治川にはアヒルがいっぱい泳いでいました。

このあたりの川では、大きな亀とあひるが石の上で日向ぼっこをしているのを

何度か見かけました、

 

春にはさくら、秋には紅葉が見られます。

 

f:id:chizukoike:20181128090449j:image

 灯台下暗し、「お好み焼き」さんへ初訪問したお昼でした。

 

www.chizukoike.com