いつも、何かをさがしてた。

高知に住んでるおばあさんの日記

「おく実庵」土佐道路お蕎麦の人気店でかき揚げ丼セット

 黒いおつゆのかけ蕎麦が食べたくなったのは

 

あと1ヶ月で行ってしまう2018年を振り返ってみて

「よかった、よかった、いろんなことしていろんなところへ行った」

と満足したら

「そうだ、1ヶ月早いひとり年越しそば食べよう」

という結論になったからです。

 

昼時の混雑する時間をさけて

1時すぎに行ったら満員だった。

ランチタイムは11時半から14時20分

  

 

かき揚げ天丼セット f:id:chizukoike:20181002134620j:image

 

上品なかけ蕎麦と腹6分ぐらいのかき揚げ丼のセット 980円

 

土佐道路のモスバーガーの前、四国銀行の隣

というともっと分かりやすいかな

昼時の混雑する時間をさけて

1時すぎに行ったのにすっごい満員だった。

 

この界隈はスポーツクラブがあって

週5日の頻度で通っているけど、

「おく実庵」さんへは初訪問です。

 

お蕎麦屋さんの入り口

f:id:chizukoike:20181002134702j:image

飲食店へ行く時に入り口とかエントランスとかいうんですか、

店構え、ですね、すごく気になります。

あえて言いますと、外から中がうかがい知れないお店には

ひとりで初訪問する場合は避けます。

このお店は少しだけ、中がうかがい知れています。

 

外から中が全く見えない「焼き鳥屋」が近所で開店したとき

一度は行ってみようとドアを開けたら、店内に誰もいなくて、

男の人が二人いて「どうぞ」と声をかけられた。

 

「アフリカに売られるかもしれん」と

小学生の時に聞いた怖い話を思い出して踵を返した。

 

 

極上 東京立ち食いそば2018年+「駅そば」 『蕎麦春秋』厳選! 極上 東京立ち食いそば

極上 東京立ち食いそば2018年+「駅そば」 『蕎麦春秋』厳選! 極上 東京立ち食いそば

 

 

 

 かけ蕎麦のアップ

f:id:chizukoike:20181002134720j:image

 

かき揚げ丼のアップ

f:id:chizukoike:20181002134738j:image

 

 

夜のメニュー表

f:id:chizukoike:20181002134803j:image

 

 

店内の様子

f:id:chizukoike:20181002134832j:image

昼ランチタイム時にはざるそば単品もありますが、

夜のメニュー表では単品でのざるそばがないです。

丼とセットでざるそば、かけ蕎麦という風に頼むようです。

 

夜、ざるそばで日本酒を1号やりましょう。

というのはないようです。

 

お味もすごくよくて、お値段もちょうどな感じだと思います。

 

ただ、お蕎麦というと、強烈に記憶に残っているお蕎麦があるので、

どうしても、その当時のあのお蕎麦と比較してしまって

どこで食べても満足感というのは持てないと思います。

 

お蕎麦の思い出:

 

近鉄百貨店の3階にあった「しなの庵」の玉子とじ蕎麦

駅前の名古屋モード学園に通っていた頃によく通っていたお店だ。

「しなの庵」ではいつも玉子綴じ蕎麦を食べたが、カレーうどんも

カツ丼もすごく美味しかった。

20代の私はこの美味しさは永遠に続くと思っていた。

 

「しなの庵」がなくなってネットで調べたことがあった。

 

www.chizukoike.com

 

 

www.chizukoike.com

 

わかったことはあんかけと同じように探している人、記憶している人が

いるということだけだった。

あの頃に戻れないのと同じように、「しなの庵」のお蕎麦も二度とは会えない。