いつも、何かをさがしてた。

高知に住んでるおばあさんの日記

いの電停前の「焼肉の牛苑」いの町で一番の焼肉屋だと思う。

 高知市の西隣にいの町があります。

紙の博物館、仁淀川、桝が森など景観がすごいです。

景色がいいと空気も美味しくて、お腹も空くのです。

いの町の中心にある「焼肉の牛苑」で美味しいお肉をいただきました。

 

カルビ(上じゃない方)950円

 

f:id:chizukoike:20181123090929j:image

 

焼肉なら幾つになっても食べられますね、

1ポンドステーキが食べられなくなったのは、

60歳の声を聞いた頃でしょうか。

それから随分経って最近ではお肉を食べることが少なくなりました。

 

だけど、焼肉のカルビならまだまだいけますわよ。

 

ホルモン 700円

 

f:id:chizukoike:20181123090945j:image

ホルモン大好きです、いえ、愛してます。

ホルモンlove、

噛みごたえがある、歯ごたえがある、胃にもたれない。

 

癖がないじゃないですか、食べてる感が食べてる間中継続してある。

体の奥でひっそりと大事に守られながら過ごしていた品のようなものとか、

油脂が肉の付属ではなく、油脂の付属に皮がついているごとく油が極ウマで、

 

綺麗で新鮮な牛のホルモンがなくては生きていけない、と言ってもいいです。

 

 

ハラミ 800円

 

f:id:chizukoike:20181123091001j:image

ハラミも内臓です、だからホルモンといえばホルモンだけど

見てくれがカルビとかロースに激似しているので、ホルモンとはちゃうからね、

という顔おしているけど、食べてみるとなんだかもちもちとしていて、

やっぱりホルモンじゃん、ってなるのです。

 

むかし、むかし旭のサティの肉屋さんで 1g1円で売っていて、

カルビは贅沢だからハラミばかり食べていたことがあるので

最近のハラミは堂々とカルビの親戚みたいに高級品になってしまって

 

これも食の下克上というのね、ハラミとかホルモンとか。

 

 

掘り炬燵と宴会用座敷

 

f:id:chizukoike:20181123091021j:image

 入り口を入ると靴を脱ぐスタイルです。

テレビがあって、雑誌、漫画本もあります。

 

奥には大人数で宴会ができる広間があります。

ここで宴会はしたことなくて、いつも友人ときます。

だいたい誘うと「牛苑なら行きたい、あそこの肉は美味しい」と

みんな言って誘いに付き合ってくれます。

 

 

メニュー表

 

f:id:chizukoike:20181123091038j:image

 

生まれ変わって、お金持ちに生まれたら

「特上カルビなんて食べてみたいですね」冗談です

特上カルビより普通のカルビの方が好きです、

なぜ好きかと聞かれても、味が本当に好きなのか、

値段に怖じけずいて好きでないのかは分かりません。

 

f:id:chizukoike:20181123090850j:image

 

友人夫婦と一緒です。

カルビを食べ始めて、やっぱりご飯が欲しいね、

ということでご飯を食べてからビールタイムに入りました。

 

自家製のキムチもマシッタヨ

 

f:id:chizukoike:20181123091108j:image

 高知県いの町で美味しい焼肉屋さんの紹介でした。

焼肉食べて長生きしましょう。

 

夕方は4時から営業、10時ごろまでやっています。

火曜日だけ休みのようです、店舗情報はググってね。

 

焼肉料理のタレの技術―人気店・繁盛店が教える97のレシピ・技術・味づくり

焼肉料理のタレの技術―人気店・繁盛店が教える97のレシピ・技術・味づくり

 

 

 

www.chizukoike.com

www.chizukoike.com