いつも、何かをさがしてた。

高知に住んでるおばあさんの日記

「村の集会所」って名前の居酒屋へ初訪問

土佐電鉄 「堀詰」電停で下車 歩いて

「村の集会所」って名前の居酒屋へ初訪問しました。

 

f:id:chizukoike:20170315140302j:image

カウンター席のあるおひとり様でも違和感のない感じの居酒屋でした。

もちろん、そこらへんはリサーチしてから行っていますけど、

 

f:id:chizukoike:20170315140315j:image

 

 お刺身から揚げ物までいろいろなメニューがありました。

初訪問で初注文ですから、いろいろ考えますが、結果は考えなしに注文しました。

注文したのは、豆腐となすのマーボ豆腐と手作りギョウザ、それに目の前のおお皿にあったバイ貝です。

瓶ビールを2本飲んで、適当に帰りました。

初訪問ですし、年ですし、長居は遠慮しました、

 

初めての居酒屋というのは、スリルとサスペンスに満ちています。

とても、ドキドキします、だけど、たいがいは、そんなに心配することはないのです。

もっとも、最悪なことがあっても、そそくさと、帰ればいいだけなんですけど、、、

 

このお店は大正解でした、どういう意味で正解かというと、

マスターも女店員さんも、とても感じよく話しかけてくれたのです。

マスターと女店員さんが、気さくに話しかけてくれるので、カウンターのお客さんも気さくに話しかけてくれて、居心地がよくなりました。

 

チェーン店とかだけでなくても、近頃の居酒屋で女店員さんが話かけられたくないオーラを出してるとか、マスターが注文がないときにはカウンターの下にかくれてるとか、めんどくさいオーラのでてる接客のお店もあるのに、

ここのお店は名前のとうりに、昭和の匂いのするお店で、馴染みのお店になれたらいいなとおもいました。

人生最後の馴染みのお店探しをしています。

お店のドアを開けて、顔をあげると

「いらっしゃい、久しぶり、元気だった?」

なんて声をかけてくれるお店、があったら楽しい。

 

今大切なことは、誰かに話しかけられる幸せ、話しかけてくれる人がいる有り難さ、

だと思っているので、また、話掛けられに行きたいと思います。

ごちそうさまでした。