いつも、何かをさがしてた。

高知に住んでるおばあさんの日記

「韓国ドラマ」ペ・ヨンジュン名作ドラマ3選

韓国ドラマ視聴歴15年のあんかけ(@guam345)でーす。

あんかけがおススメするものは20年前のものが多いです。

その頃の韓国ドラマがやっぱり好きです。

 

44話から66話まで今から見ると長いものが多いですが、

その位のほうが見ごたえがあります。

この3作品はすっごく面白いです、途中で止めれません。

泣けます、ヨン様若いです。

 

「愛の群像」

1999年1月27日~6月25日にかけて韓国MBCで放送開始  全44話

当時人気絶頂のキム・ヘス ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ。

 

最初のほうこそ「愛の群像」の視聴率が高かったのだが、

同日スタートSBSドラマ「青春の罠」がやがて逆転して、

最高視聴率53.1%の大ヒットドラマになってしまった、という経緯があります。

 

「愛の群像」のほうは20%台の視聴率で始まったものの、やがて10%台に落ち込みました。それがあっての事なのか、

このドラマは当初50話予定のものが44話になった、という話もあります。

 

 演出 パク・ジョン
脚本 ノ·ヒギョン :「嘘」「花より美しく」「グッバイ・ソロ」「彼らの生きる世界」 
出演
ペ·ヨンジュン(ジェホ役):「冬のソナタ」「ホテリアー」「初恋」

キム·ヘス(シニョン):「クッキ」「チャン・ヒビン」「漢江ブルース」

ユン·ソナ(ヒョンス):「おバカちゃん注意報」「愛の挨拶」「相続者たち」

イ·ジェリョン(ギルジン):「商道(サンド)」「グッドバイソロ」「フルハウス」

パク·サンミン(ソック):「若者のひなた」「ジャイアント」「不良カップル」

イ·ナヨン(ジェヨン):「勝手にしやがれ」「アイルランド」

あらすじ

韓国ドラマの王道、貧しい若者の愛と病と出世の物語。

貧しい暮らしに苦しむジェホは愛よりも富や名誉を求める、しかし、二人の女性と出会ったことによって葛藤に苦しむ。

財閥の会長の娘ヒョンスと、一緒にいるとやすらぎを感じる女性教師シニョンとそれぞれ魅力的な女性に同時に出会ったジェホは、欲望と愛の間で悩み、そして苦しみ、真実の愛を見出そうとする。

生きることを必死でもがく一人の青年は、その苦しみの中で何を見つけ出すのだろうか―。

 

「初恋」

最高視聴率65.8% 韓国史上最高視聴率の韓国ドラマ 

1996年KBS放送

激動の時代を背景に、家族の絆、貧富の差、若者たちの夢と野望、

そして切ない初恋を描いた名作。

毎週毎週飽きさせない展開にのめりこみます、これでペ・ヨンジュンがブレイクしたのも納得のカッコ良さです。全66話

※今と違って20年前の韓国も日本も娯楽がテレビ視聴という人が多い時代であった。

あらすじ

貧しいけど正直もので寄り添って生きている家族がいて、

片や大金持ちだけど、思いやりとかがなくて、疑い深い家族がいました。

貧しい家の青年と大金持ちの娘が恋に落ちました。それが、原因で大金持ちのお父さんが貧しい家の息子に意地悪をこれでもか、とします。

お金持ちのお父さんのせいで、貧しい家の青年は身体障害者になってしまいました。

それをみて、その青年の弟が復讐に燃えます。

紆余曲折あって、復讐が叶うという直前になって、その青年の弟は復讐をやめてしまいます。ドラマをみてください。

 66話というのは見るのにちょうどいい長さです。

 俳優がベテランから新人までとても上手いです。

チャニョクのお姉さん役のソン・チェファンとお姉さんの旦那さん役のソン・ヒョンジュがすごくよかったです。あとブレイク前のソン・ヘギョとかチャ・テヒョンとかも出ています。

 

配役(役名)

イ・スンヨン(イ・ヒョギョン)

チェ・スジョン(ソン・チャニョク)

ペ・ヨンジュン(ソン・チャヌ)

パク・サンウォン(カン・ソクジン)

 

「若者のひなた」

1995年5月6日から11月12日までKBSで放送された。

最高視聴率58%、愛と野望と裏切りと挫折を描いた青春ドラマ。

全56話 ペ・ヨンジュンはこの作品でKBS演技大賞を受賞した。

 

あらすじ

春、対照的な2人の若者が名門ソウル大学に合格する。ひとりは炭鉱の村に生まれ、母と弟と共に貧しい暮らしを送っていた野心家のインボム(イ・ジョンウォン)。そしてもうひとりは、ソウルで大手化粧品会社を経営する父を持ち、恵まれた家庭環境のもと人を疑うことを知らずに育ったソクチュだった。同じクラスになった2人はすぐに意気投合し。互いを親友と認め合うようになる。恋人のチャヒ(ハ・ヒラ)を故郷に残してきたインボムは、都会で成功を収めるべくソクチュの双子の妹ソンナン(パク・サンア)に接近。次第にチャヒを遠ざけるようになる。だが、ソウルを訪れ、インボムの下宿で一夜を過ごしたチャヒは、インボムの子を身ごもるのだった。一方ソクチュは、インボムの秘めた野望に気づかず、故郷について彼が語った嘘を信じ込む。映画監督を夢見るソクチュもまた、長男として後を継ぐことを期待する父との間で激しく葛藤していた。

 

演出 チョン・サン

脚本 チョ・ソヘ

配役

イ・ジョンウォン(パク・インボム)

ハ・ヒラ(イム・チャヒ)

ペ・ヨンジュン(ハ・ソクジュ)

パク・サンミン(パク・インホ)

チョン・ドヨン(イム・ジョンヒ)

 

ということで、秋の夜長に韓国ドラマ長編をみると、暇つぶしになりますよ。