いつも、何かをさがしてた。

高知に住んでるおばあさんの日記

靴の断捨離だ、運動靴しか履かない!

こんにちは~ あんかけ(@guam345)でーす。

大事なことを決断しました。

今後は運動靴しかはかない、です。

多種類の履物

あんかけが持っている靴の種類だけでも

1、フラットシューズ・・・靴そこに厚みがないもの。ローヒール、バレエシューズ、  サブリナシューズとも言われる。

2、ウェッジソール・・・かかと部分がつま先より高くて、土ふまずの部分がへこんでない。くさび型。

3、チャンキーヒール・・・分厚いヒールのこと。ピンヒールとかパンプスとは違う。

4、ショートブーツ・・・くるぶしが軽く隠れるくらいのブーツのこと

5、パンプス・・・つま先やかかとは覆われているが甲の部分が大きく開いているもの。丸みをおびたつま先はラウンドトゥという。

6、ミュール・・・足の甲を覆い、つま先が開いており(オープントゥ)かかと部分が大きく開いたもの。かかと部分にベルトがないもの。

7、サンダル・・・ゴム、ビニール、プラスチックなどで作られたサンダルのこと。または島ぞうり。親指と人差し指の間にひっかける。

8、スリングバック・・・後ろが開いていて、足首の後ろをささえるベルトがあるもの。

9、オープントゥ・・・かかとは覆われていて、つま先部分が開いているもの。

10、メリージェーン・・・甲の部分にベルトがついているもの、細くとがったつま先はポインテッドトゥという。

 

考えてみるといろんな種類の靴を持っています。

靴って見てるだけでも、持っているだけでも夢があります。

西洋の女優さんにあこがれるように、素敵な靴にあこがれます。

 

でも、実用的ではないのです。舞踏家でシンデレラが履くには意味がありますが、

普段着でおばさんが履くにはかかとの高い、親指と人差し指の間でひっかける、イミテーションダイアのいっぱいついたサンダルは、履いちゃいけなかった。

 

履物に実用性を求めなかった末に起きた事件。

すべって転んで複雑骨折→入院3か月

f:id:chizukoike:20160918190100j:image

 夏の終わりのころ、いいかげん暑さにもうんざりしていたころ。

3か月前にフロリダへ行ったときに買ってきた、キラキラのサンダル、

気に入ってずーっとはいていた、さんざんはき古したサンダル、

 

そんなサンダル履いて足場の悪い山道をめんどくさそうに歩きながら

 

「8月も20日過ぎたら2週間ぐらい避暑に行こう」

なんて考えるぐたい、ちょっとイライラしていました。

 

夏の終わりには雨が降る、前日にすごい量の雨が降っていました。

山道の真ん中を通ればいいものを、真ん中は寄せ集めのコンクリートが

滑らかにではなく、ゴツゴツと塗りたくって乾いた状態でした。

 

道の端っこを選択しました。

とたんに、ツルッ!ドン!

はやい話がすべって転んだのです。

 

30分ぐらい座り込んだまま、じばし時をまちました。

痛みはいっこうに収まりません。足が動きません。

生まれてはじめて救急車をよんで、病院まで搬送されました。

 

 サンダルではなく、運動靴だったらどうだろうか。

運動靴ならすべらなかった。運動靴を履けばいいのだ。

今後は女優さんが履く靴にあこがれず、運動靴しか履かない。

 

ということで、今後ちょっとの買い物でも、庭の水やりでも、ポストに新聞とりにいくでも、運動靴を履いていくことに決めたあんかけでした。

 

 ついでに 

付き合いの断捨離

連れ合い、家族、近所のひと、地域コミュニティを大切にする。

 

欲望の断捨離

求めない、恨まない、期待しない、すべてを受け入れる。

なんてとこまでいっています。

 病院の窓から虹が見えます、いいこと絶対あるぞ。

 f:id:chizukoike:20160918190159j:image