いつも、何かをさがしてた。

高知に住んでるおばあさんの日記

田舎で年取ったら3つぐらい拠点もったらって話

こんにちわ~ あんかけ(@guam345)でーす。

結局のところ幸せってさーーー、

大事なコミュニティの中にいながらにして(外れるとひとりぼっちだから)

いつでも、ひとりになれる居心地のいい空間を確保するってことだと

最近きがついたのです。

 

田舎って人口密度が低いので、その気になって努力すれば

3つぐらいの拠点をつくるのは難しくないのではないかって話。

 

それで、3拠点生活のすすめってのをいきます。

 

1、家族が住む本宅

   洗濯とか生活の基本的な部分をここで完了しましょう。

   犬の散歩の出発点でもあります。

   旦那様のごみだしとかは喜んでやりましょう。

   季節外の衣服はここに収納しています。

 

2、生業の家、趣味の家

   旦那様のお昼ごはんを準備したら、あとはフリーです。

   スポーツクラブへ行って買い物をしたら、韓国ドラマを見ながら

   バッテラと子うどんで夕食をとります。

   少し仕込みをして、日が暮れてきたら、看板の電気をつけます。

   大好きなお店の仕事、私を好きな人しか来ないからたのしい。

   

f:id:chizukoike:20160909065703j:plain

 

3、まったくのプライベートな空間

   自分一人の寝室兼書斎をもっています。

   12畳の部屋の真ん中にシングルベッドがひとつ、

   壁に鏡台ひとつ、もう一つの壁にパソコンデスクを置いています。

   そしてあとは窓ガラスが3面にひろがっています。

   寝るときにはカーテンも簾も全開にして寝ます。

   朝起きると、朝日とともに今日できたての山と森と空が広がっています。

   ここは長女が中学生のときに勉強部屋として使っていたもので、

   永らく借家として貸し出していました。

   それを2年前に長男が結婚して住みだして、でも長男には長男名義の家があるの     

   で、子供ができたのを機にそちらへ引っ越したので、

   「使っていい?」とお伺いを立てたら、あっさりいいよ、でした。  

   というか、田舎ってこんな話がけっこうあって、曽ばあさんが住んでいた小屋が 

   空いているとか、30年前に嫁にいった娘の部屋が空いているとか。

   探したらあるんじゃないでしょうか。

 

f:id:chizukoike:20160909203014j:image

時代が720度かわっているので、

スマホとパソコンさえあれば、なんとかなるみたいだし。

だったらあとは、居心地がいい、を求めればいいんじゃないか。

 

難しいことは考えずに、居心地がいいか、悪いかだけ考えていろんなこと決めてもいいかもしれない。

これからのキーワードは居心地、居心地のいいソファーを探して、

景色のいいところに置けば、そこが居心地のいい空間になる。

 

ということで、退院したらニトリへ行って上等のソファーを買いたい。