いつも、何かをさがしてた。

高知に住んでるおばあさんの日記

「すべって転んで複雑骨折入院」4か月どうするの?

こんにちは~ あんかけ(@guam345)でーす。

 

それは予告なしにやってきました。

 

8月29日朝9時

いつまでも熱い夏が続いていた。

 

その日の朝は昨夜の大雨で、山が樹木が砂利道が蒸しあがっていた。

 来年は8月も20日を過ぎたら、どこかへ避暑に行かなければ・・・

 と考えていたほどに少しイライラしていた。

 

田舎の山道を西海岸でも歩くようなサンダルで愛犬の元へ急いだ。

私の寝床が山の上にあり、愛犬の寝床は本宅にあるので山から

本宅へ愛犬の散歩及び旦那様への挨拶のために、

急いだということだ。

 

山道の真ん中を歩けばよかったんだけど、

真ん中のコンクリートが凸凹していて、コンクリート余ったのもらってきて

塗り合わせたみたいになっていて、歩きにくそうなので、

 

ふちを選んだ。

ふちのみちというのは雑草をはえなくするために、シートでおおわれていた。

そのシートが昨夜の大雨で水をしっかり吸って、

 

非常にすべりやすくなっていた。

 

ドーン、コロリン、とひっくり返った。

しばらく、そこでひっくり返っていた。

よくころぶ、それがはじめに頭をよぎった。

30分ぐらいそこでじっとしていたが、痛みが治まらないどころか

片足が膝から下が動かない。

 

タバコ2本吸って考えた。

「旦那さん、息子夫婦に電話をしよう」

犬の散歩のとき携帯電話を忘れないように気をつけていて

よかった。

 

骨を折るとはすごく痛い!

骨を折るのは初めての経験だった。

{得体の知れない痛さ}だった。

ギャング映画のワンシーンによくあるやつ、

折れた骨をまた足で踏んづけて、ギャーって叫ぶやつ。

そのぐらい痛い!

 

救急車が到着して、タンカーを消防隊員4人が運んできた。

「キッチンのお母さん」「そう」

タンカーに乗せてもらって、山道を降りて、救急車で

近くの仁淀病院に運ばれた。

 

レントゲンをとって、それを見ながら先生が言った

「複雑骨折、3~4月入院ですね、」

「いつから?」「いまここで」

 

4か月の入院生活かーーー、覚悟を決めた。

ジタバタするのをやめ入院生活を受け入れる。

 f:id:chizukoike:20160907150345j:image

 

4か月限定 楽しい入院生活

足を折った次のつぎの日に手術をして、骨をチタンで固定した。

チタンは取り除かないのであとは骨がくっつくまでまつばかりだ。

左の膝下のみ負担をかけなければあとは元気なものだ。

暗い顔して病人服着る必要はないと考えた。

 

4か月避暑にカナダの小さな村のリゾートホテルに滞在していると考えよう。

お酒のめない、

暴食できない、

煙草吸えない・・・・・

 

 

生活を変えよう

お酒飲まない、

暴食しない、

煙草止める。

スポーツクラブやめる。

光回線やめる。

ヤクルトやめる

朝日新聞やめる

愛想笑いをやめる

サンダル・パンプス全部すてる

運動靴しかはかない

あきらめるのをやめる

やりたいこと全部やる

 

ということで、

入院生活だってあんかけの人生、大事に生きる。

 f:id:chizukoike:20160907150235j:image